表紙

はじめに

第一章:母の一生
●其の一<0歳〜23歳>
誕生から青春時代まで
●其の二<23歳〜42歳>
結婚出産、商家の生活、祖母との死別

●其の三<42歳〜53歳>
家業の不振、履物店の店仕舞い

●其の四<53歳〜58歳>
転居、平穏な長屋暮らし

●其の五<58歳〜62歳>
再出発、私のUターン、父の死去

●其の六<62歳〜70歳>
趣味に生きる日々、古希を迎えて

●其の七<70歳〜80歳>
古希から喜寿へ、そして諦観の傘寿

●其の八<80歳〜88歳>
膝関節痛の苦難、米寿を前に

●其の九<88歳〜90歳>
米寿を迎えて、そして卒寿

●其の十<90歳〜90歳3ヶ月>
爽やかに老いて、黄泉への旅立ち


第二章:母の趣味
●写真(63歳〜79歳)
●華道(池坊)と園芸(庭の草花)
●川柳(51歳〜78歳)
●俳画・ちぎり絵(70歳〜78歳)
●民踊(70歳〜75歳)
●カラオケ(76歳〜87歳)
●新聞投稿

第三章:クラス会に寄せる母の想い

第四章:母の遺品
●琴
●鏡台・手鏡
●カメラ

おわりに

資料編<目次>


はじめに

「爽やかに老いて静かに眠りたい」母が晩年詠んだ川柳です。私の母伊藤マツはこの句のように、平成18年(2006年)5月1日午前11時30分病院のベッドの上で安らかに永遠の眠りにつきました。享年90歳でした。

母の人生は、波瀾万丈のドラマがあったわけでもなく、人のために尽力し輝かしい功績を収めたわけでもない、特に取り立てるほどの人生ではありませんでした。けれども、私達子どもにとっては、母は人へのやさしさ、思いやりの大切さをそーっと教えてくれた掛け替えのない人でした。

母が亡くなった今、母のために子として十分に尽くすことができなかった後悔の念とこれまで育ててくれた母への感謝の念とが交錯するなか、徐々に薄れていく母の思い出を、気持ちの整理と共に記憶を辿りもう一度思い返し、忘れないように大切に残しておきたいという気持ちがつのってきました。

このサイト「母伊藤マツの在りし日を偲ぶ」は、そんな気持ちから、母が残してくれたアルバムや投稿文、趣味の写真、川柳などの作品を基に、私(長男輝和)の記憶を辿りながら在りし日の母の思い出をまとめた<追想録>です。

一人の平凡な女性のいきざまを通じ、その中のわずかな部分からでも何かを感じ取って頂ければ、この上ない幸せと存じます。







平成18年(2006年)12月 伊藤輝和
TOP PAGE ▲ ←前ページに戻る 表紙に戻る↑ 次ページに続く→