WEB-REPORT 私立美術館/文化・観光施設フォトガイド 


Photo-Guide of Private Museum in Oita
私立美術館・文化施設フォトガイド NO.18

九重''夢''大吊橋
大分県玖珠郡九重町



九重''夢''大吊橋は2006年(平成18年)10月30日に開通した、大分県玖珠郡九重町の九酔渓(鳴子川渓谷)に架かる、日本一高く長い歩行者専用の吊り橋。
高さは173m(水面より)、長さ390m、幅員は1.5mで、大人1,800人の荷重に耐えるように設計され、中央部の床版はすのこ状のグレーチングになっていて、下を見ることができる。
橋上からは、「日本の滝百選」の震動の滝や、秋には紅葉、夏には新緑と九酔渓の美しい景色を眺める事が出来る。
ゲートは中村エリア(駐車200台)と北方エリア(駐車約30台)があり、入場料金は中学生以上500円で、渡橋の所要時間は散歩する速度で往復約13分とのこと。
総工費(周辺整備費を含む)約20億円は、国・県の補助なしだが、 2010年11月8日に入場者数が600万人を突破、入場料収入も順調で、大吊橋の収益の一部を使い2007年10月から、これまで未就学児に限っていた医療費助成の対象を小中学生にも拡大しているとのこと。参考:震動の滝のHP
(撮影:ITOデザイン事務所 伊藤輝和 平成19年5月8日)







サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ

HOME  |  WEB REPORT | 私立美術館・文化・観光施設フォトガイドINDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.