ITOデザイン事務所>ウェブレポート>変貌する別府市のウォーターフロント(別府港海岸) お問い合わせ | サイトポリシー


変貌する別府市のウォーターフロント(別府港海岸)
Waterfront of Beppu-city Undergoing a Complete Change



現在(平成19年11月時点)別府の海岸線では国や県の整備事業があちらこちらで大規模に進められている。
果たして別府市のウォーターフロント(別府港海岸)はかつての魅力を取り戻し、多くの人々で賑わいを見せることが出来るのか、今一度市民の一人として変貌する別府の海岸線に目を向ける必要があるのではないか。

そんな思いから、別府市の北の日出町境界から南の大分市との市境両郡橋までの海岸線をつぶさに見て回った。
以前にも仕事の関係で二度ほど(平成6年1月と平成12年5月)、別府の海岸線を北から南まで写真を撮りながらリサーチしたことがある(→参考HP)
その時に思い描いた構想が、この別府の海岸線の南北を連続してゆったりと散歩の出来る<海辺の遊歩道>構想。
それから数年、別府市のウォーターフロント(別府港海岸)は確実に変貌を遂げつつあるが、それはそれぞれの地区の個別の整備で連続性に乏しく、それぞれが有機的に結びついておらず、市民が安心してもっと海辺に親しめる<海辺の遊歩道>実現にはほど遠いように感じられてならない。
今回別府市のウォーターフロント(別府港海岸)をテーマにHPを作成するに当たり、それぞれの地区整備計画の検討については他に譲るとして、このサイトでは、別府港海岸の現状を記録写真として収め、併せて■<資料>欄を設け、該当地区の古い写真や課題、特に<海辺の遊歩道>についてその連続性と整備の検討のための写真も付け加え、別府港海岸の今を[Photo-library]としてまとめてみた。

(このサイト内の別府旧写真の提供:小野弘氏)



ENTER(入り口)

■資料
現状ならびに「別府港海岸保全施設整備事業」(国)と「新別府港港湾計画」(大分県)について

更新:別府国際観光港多目的広場(平成23年7月撮影)
餅ケ浜地区海岸整備(平成23年7月撮影)



PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和 平成19年('07)5月〜10月 更新:平成23年9月



COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved. HOME  |  WEB-REPORT