ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

落合(おちあい)の滝 | 大分県中津市耶馬渓町大字落合
Ochiai Falls /OoazaOchiaiYabakei-Machi,Nakatsu-City
INDEXに戻る
1 2 3 4 5 6 7 8

秋の紅葉時には一際艶やかな落合の滝

中津市より国道212号を日田方面に向かい、青の洞門を少し過ぎたあたり、柾木・落合の滝の誘導サインが目に入る(1)。国道を右折、県道2号に道をとり約5.5km進むと、落合バス停分岐点があり左折すると柾木の滝へ、落合の滝は右折して約400m進むと河川プール(2)の手前約100mの所に落合の滝のサイン(3)。車を河川プールの駐車場にとめ、このサインの所から急坂を下りると1〜2分で川原に。

上流5〜60m先に岩陰に少し隠れて滝の姿が見える(4〜6)。正面からカメラに収めたいのだが、水量が多く石の上を渡れない。仕方なくこの位置からの滝口の撮影(7)。滝の周辺では子ども達が水遊びをしている(8)。近くに行きたいがここからはどうも無理なよう。駐車場に引き返し、河川プールの監視人に滝側に行く方法を尋ねてみるが、行く道を間違えたのかとうとう滝側まで行くことが出来なかった。後で分かったが、河川プールに沿って河原を約100mほど下流に下ると滝側まで行けたようだ。今回は日も暮れかかり残念ながら滝壺や滝口の姿を撮影することが出来なかった。

山国川支流の津民川にかかるこの滝は『落差10m、幅7m、別名紅葉の滝(雌滝)、流れは瑠璃糸のようで特に秋の紅葉時には一際艶やか』とのことである。

撮影:平成20年7月23日
INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.