ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

鮎帰り(あゆかえり)の滝 | 大分県中津市三光臼木
Ayukaeri Falls /Usuki,Sankou,Nakatsu-City
INDEXに戻る
1 2 3

田園風景にとけ込む山国川に架かる落差2mの滝

中津市から日田市方面に向かう国道212号、その国道に沿って流れる山国川を右手に眺めながらしばらく走る。山国川河口から13km付近、車からの目印は、国道沿い右手「鮎帰り」のバス停(3)。車を注意してこの近くに駐め、国道沿いから眺めると、白い水飛沫をあげ勢いよく岩肌を縫って流れる早瀬が目に入る。
落差はたいしてないが、水量が多いため結構迫力がある(2)。地元資料によると、鮎帰りの滝は落差2m、幅20m、鮎の遡上を阻むことからこの名が付いたとのこと。現在では脇にどうも魚道のような流れが見られる。また、この滝の下流の淵では、他種類の魚が棲み鳥類(おしどりや白鷺など)も飛来して来るという。

河川敷は玄武岩からなり、奇岩奇勝を呈し、ここから1.5km先には名勝「青の洞門」がある。滔々と流れるこの川と周囲の景観はうまくマッチしてまさに絵になる風景(1)。滝の近くまで行ってみたかったのだが、残念ながら河川敷に降りるルートが見あたらず国道からの撮影となった。


撮影:平成21年7月31日
INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.