ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

羽門の滝  | 大分県杵築市山香町大字広瀬
Udo Falls / Yamaga-machi,kitsuki City
INDEXに戻る
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10

河川プールも併設された羽門(ウド)の滝

羽門(ウド)の滝は、『鹿鳴越深く源を発し美しき渓谷を経て』(口伝「白竜伝説」の一節)流れる松尾川の上流に掛かる滝。その川の流れは下流の田畑を潤し、杵築市守江湾に河口を持つ八坂川へと流れ込む。

羽門の滝へは、山香町国道10号の『羽門の滝」のサインを目印に、標識に添って農道を約3.2km 進む。駐車場も完備(1)し、滝までの2〜3分程の遊歩道(2/3)も整備されているが、途中にこの時期「落石注意!滝壺には近づかないで下さい」の看板有り。周囲の状況を見計らい注意しながら滝壺まで近寄ってみる。
落差は12mほど、さほど大きくはないが、流れ落ちる水が岩肌にあたり水飛沫となって滝壺に落ちる様は、遠目からは女性的な優雅さ(5/6)を感じるが、近くでは水飛沫が舞って迫力(7)がある。周囲は木々に覆われ静寂(4)ではあるが、滝の周囲には自然のエネルギーが充ち満ちている(8)。滝の少し下流(9)に「松尾川河川プール」(10)が整備されているが、シーズンを終えたこの時期水も抜かれ、ひっそりとしていた。

羽門の滝には『しぐれる羽門の五ツ時、悶え悲しみ飛沫の滝をかき昇る白竜を見かけると言う 』「白竜伝説」がある。
撮影:2007年(平成19年)9月19日
INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.