ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

龍門の滝  | 大分県玖珠郡九重町松木
Ryumon Falls /Kokonoe-machi,Kusu District
INDEXに戻る
1 2 3 4 5 6 7 8

滝すべりが楽しめる、豪快な二段落しの滝

龍門の滝は、有明海に流れ込む筑後川の遙か上流、日田でこの川と合流する玖珠川の支流松木川(2)にかかる滝。国道210号の九重町役場前の交差点から広域農道に入り、約12〜3分ほどで龍門の滝の駐車場に着く。駐車場から徒歩3〜4分で滝の全貌が眺められる寺の境内に。
そもそもここは、鎌倉時代、宋より蘭渓道隆禅師がこの地に立ち寄った際、この滝が河南府の「竜門の滝」に似ているのでその名を付け、近くに吉祥山竜門寺なるお寺を建立したと伝えられていて、建立された当時の物とは違うが今もお寺が有り、龍門の滝はこの寺の境内の重要な要素となっている。

筑紫溶岩台地を削ってできた落差20m、幅40mのいわゆる二段落としの滝は豪快そのもの。滝付近にはキャンプ場やせせらぎ(2)もあり、夏場には滝すべりや水遊び(5/6)をする人で賑わいをみせている。サマーフェスタでは、滝すべり大会やラムネの早飲大会など盛り沢山の行事が催されると聞く。

滝の入口には旅館や土産物屋があり、町営の無料駐車場もあるが、夏のシーズン時には有料の駐車場の客引きも行われている。
この夏この地を三度(1/3/7)訪れたが、水量により滝の姿が当然ではあるが随分様変わりを見せていた。

撮影:2007年(平成19年)6月27日/7月20日/8月28日

INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.