ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

暁嵐(ぎょうらん)の滝 | 大分県佐伯市上浦大字浅海井浦
Gyouran Falls /Azamui,Kamiura,Saiki-City
INDEXに戻る
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14

自然と調和した優美な、暁嵐の滝

暁嵐(ぎょうらん)の滝は、 大分県南部佐伯湾のリアス式海岸をもつ日本一美しい町を標榜する旧上浦町にある滝。海のすぐ近くにある滝としても有名で、大分の風景100選(大分百景)に選ばれている。
旧上浦町の国道217号JR浅海井駅付近、上浦中央公民館前の暁嵐公園の案内板(1)を目印に、狭い道を誘導サインに従い進むと、公園内にある瀧三柱神社の鳥居が出迎えてくれる。駐車スペースは3〜4台、少し離れた場所にも4〜5台可能の専用駐車場がある。

この暁嵐公園は、暁嵐の滝一帯を背景に整備された公園で、公園入り口付近には京都の龍安寺をイメージした暁嵐石庭(2)や東屋があり、入り口から右手わずかの所に、高さ約50mの断崖絶壁に両側を囲まれるように暁嵐の滝(4/5/6/10)がある。周囲の断崖のスケールに圧倒されてか、落差が約15mあるのに、迫力というより優しい感じのしとやかな滝のように感じる。夏場には滝壺および下流が河川プールになり、地元の子ども達の恰好の遊び場(8/9/11/12/13/14)となっている。

滝壺両脇の岩壁は、貴重な植物群落の宝庫(7)で「暁嵐の滝岩上植物群落」として1982年(昭和57年)大分県の天然記念物に指定されている。また、公園入口の樹齢400年を越すといわれる亜熱帯樹アコウや、"東の春路”と”西の秋路”の公園を一周する約1キロの遊歩道、さらに鎌倉期(1288年)に創建された「瀧三柱神社」(2) があり、自然と歴史が調和した公園となっている。

撮影:平成20年7月23日
INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.