ウェブレポート/大分の名瀑(大分の滝)フォトライブラリー

PHOTO:ITOデザイン事務所/伊藤輝和

■PHOTO LIBRARY / Waterfalls of Oita

Photo:Ito Design Office/Terukazu Ito

富貴野の滝  | 大分県宇佐市安心院町福貴野
Fukino Falls / Ajimu-machi,Usa City
INDEXに戻る

展望台からの
眺め
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11

滝見台からの景観を文人・墨客も好んだ別名「龍泉寺の滝」

富貴野の滝は、周防灘に流れ込む駅館川のはるか上流、周囲を木立に囲まれた深見川にかかる高さ約60mの滝。東椎屋の滝に並ぶ安心院町の代表的な滝。この滝を探訪するには、滝口を上から眺めることの出来る「展望所」(1)と 滝壺の間近まで行けるふたつのルートが整備されている。

「展望所」へは、県道50号から滝への案内板を頼りに町道を少し進むと、展望所専用の立派な駐車場がある。そこから展望所へは徒歩数分。ここからの眺めは、滝の全貌はもとより、水まさに落ちようとする迫力有る滝口の様子(3/4)や、はるか遠方の景色(2)までも眺めることが出来る。近くには龍泉寺と言う寺があり、昔からこの滝見台から見下ろす景観を文人・墨客が好んで作品にしたので「龍泉寺の滝」とも言われていたという。秋の紅葉の頃が楽しみ。

もうひとつの滝壺ルートは、展望所より県道50号に戻りそこから約2km、「福貴野の滝つぼ」の案内看板(6)を目印に滝への細い道(離合所が少ないので要注意)を約1.5km進むと駐車場(7)。駐車場から徒歩で7〜8分、渓谷沿いの石畳道(8)から沢べりの岩肌道を進むと滝壺の間近に行き着く。
懸崖から一気に水が落ちる様(9/10)は、東椎谷の滝とよく似ていて雄大だが、こちらの滝の特長は滝の裏(11)にも回れる「裏見の滝」。ただし水飛沫がすごく少々の覚悟が必要。

地元では、初夏の滝開きを、この滝と東椎谷の滝とで毎年交互に行っていると以前聞いたことがあったが、駐車場までの道が狭いので中止になったか、最近の事情は未確認。

撮影:2007年(平成19年)7月25日
INDEXに戻る



企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB-REPORT | 大分の名瀑INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.