大分県内公共文化施設フォトガイド WEB-REPORT/Public Cultural Institution in Oita


大分県内公共文化施設フォトガイド-N0.02
おおいた香りの森博物館(廃館)→大分香りの博物館参照


財団法人 大分香りの森博物館
大分県大分郡野津原町大字荷尾杵1097-10

大分県野津原町に'96年、香りをテーマにしたものでは日本で最初の「おおいた香りの森博物館」としてオープン。15〜16世紀のヨーロッパの古城をイメージしたと言われるこの建物には、香りに関する古今東西の展示物や資料、調香師の指導によるオリジナルの香りの製品作りが楽しめる。また、庭園にはハーブガーデンショップや、5月下旬頃からが見頃のローズガーデンがある。
香りの歴史と文化のルーツが分かる世界に誇る総合博物館として大分県が約44億円をかけ建設。
オープンした'96年は入場者数約16.2万人、'00年は8.3万人に半減。経営不振の原因は山間地にある立地の悪さらしい。県は行革の一環として'04年9月に休館、博物館機能は立地条件のよい他の大型施設に移し、建物は民間への売却・貸付を検討し、実質的には廃止となる。平松前県知事時代の大型施設の一つがオープンから7年で歴史の幕を閉じる。
(撮影:平成16年5月8日)
*野津原町は平成の大合併で佐賀関と共に2005年1月1日大分市へ編入、大分市野津原町となる。
*おおいた香りの森博物館は、総工費44億円をかけ平成8年に開館したが、その後入場者数激減により施設運営が困難となり、大分県行財政改革の一環として平成16年9月30日閉館、その後公募で平成17年9月29日学校法人平松学園に2億2千万円で売却。
施設内の貴重な収蔵品3736点は、別府大学が県から借り受け、別府キャンパス内に新たに「大分香りの博物館」を建設、これらの収蔵品をを展示している。

企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和 

INDEX(TOP) | WEB-REPORT | 公共文化施設INDEX・



大分県内公共文化施設フォトガイド 
INDEX
NO.01国木田独歩館(佐伯市)
NO.02おおいた香りの森博物館(大分市/旧野津原町)
NO.03愛の園生朝倉文夫記念公園(豊後大野市/旧朝地町)
NO.04OASIS(オアシス)ひろば21(大分市)
NO.05豊の国情報ライブラリー(大分市)
 (大分県立図書館・大分県立先哲史料館)
NO.06大分市美術館・上野丘公園(大分市)
NO.07大分県立芸術会館(大分市)
NO.08大分農業文化公園(杵築市/旧山香町)
NO.09大分スポーツ公園総合競技場ビッグアイ(大分市)
NO.10大分県マリンカルチャーセンター(佐伯市/旧蒲江町)
NO.11ビーコンプラザ(別府市)
NO.12別府市美術館(別府市)
NO.13アートプラザ(大分市)
NO.14アストくにさき(くにさき総合文化センター)(国東市)
NO.15国見町生涯学習センター<みんなんかん>(国東市)
NO.16津久見市民図書館(津久見市)
NO.17大分県立歴史博物館/宇佐風土記の丘(宇佐市)
NO.18挾間町健康文化センター<はさま未来館>(由布市/旧挾間町)
NO.19別府市竹細工伝統産業会館
NO.20大分市歴史資料館・豊後国分寺史跡公園
NO.21コアやまくに(中津市/旧山国町)
NO.22小幡記念図書館(中津市)
NO.23エイトピアおおの(豊後大野市/旧三重町)
NO.24大分市生涯学習施設・関崎海星館(大分市)
NO.25平和市民公園能楽堂(大分市)
NO.26大分文化会館(大分市)
NO.27コンパルホール(大分市)
NO.28別府市コミュニティーセンター(別府市)
NO.29日田市民文化会館<パトリア日田>(日田市)
NO.30くすまちメルサンホール(玖珠町)
NO.31中津市風の丘葬斎場(中津市)
NO.32中津文化会館(中津市)
NO.33宇佐文化会館・ウサノピア(宇佐市)
NO.34宇佐市民図書館(宇佐市)


サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  WEB REPORT |  公共文化施設INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.