別府八湯まちなみ彩都/別府の自然<フォトライブラリー>


自然が織りなす幽玄美・由布川峡谷
猪の瀬戸を源に大分川に流れ込む由布川の上流12kmに延々と続く幻想的な峡谷。
凝灰岩が水に浸食され深さ20〜50mの岩壁がそびえたつ。
峡谷入口は、上流より椿入口(別府側)、猿渡入口・谷ヶ淵入口(挾間側)の3ヶ所がある。
上流よりそれぞれの入口から、涼を求めて峡谷を探訪してみた。
<撮影:ITOデザイン事務所・伊藤輝和 平成12年7月15日>

椿口(別府市)
別府側の椿入口より上流を望む 濡れた岩肌に光があたり幻想的な光景 この上流にチェックストーンがあるが、深瀬に阻まれ撮影を断念
椿入口より下流を望む このまま下流を約20分進むと、猿渡入口に至る 猿渡入口(狭間側)近くの自然公園の吊り橋
猿渡口(挾間町)
吊り橋の上から、峡谷を眺めることが出来る 猿渡入口の急勾配の階段を降りる。目がくらむ! ここは、川幅も広く涼を求めゆっくりと美しい渓谷を鑑賞できる
猿渡入口から上流を望むこの先を歩いて行くと椿入口に至る 猿渡入口から下流を見る。この景観は特に美しい なめらかな岩壁を伝わる小滝が涼感を誘う
谷ヶ淵口(挾間町)
谷ヶ淵入口から俯瞰。ここは私設入口で入峡は有料(大人600円) 竹筏を伝わって上流に進むことが出来る。何ともいえない霊気を感じる 谷ヶ淵入口より下流を望む
企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和



サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都 | 別府市の自然<INDEX>

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.