別府八湯まちなみ彩都/別府八湯ウォークシリーズ


竹瓦かいわい路地裏散歩
別府温泉の竹瓦温泉を中心とした、今も町中の暮らしに息づく温泉文化に触れる散策。
参加者約30名・雲一つない素晴らしい天気の下でのツアーでした。
平成12年4月23日/北浜公園集合9:30AM/別府駅集合10:00AM
(別府駅からのコースのため北浜公園から駅前高等温泉の間はありません。また現在はコースが一部変更されています。)

撮影・取材:平成12年4月23日・ITOデザイン事務所/伊藤輝和





01:別府駅・朝倉文夫のブロンズ彫刻「頬」像の前で
「別府の野外彫刻」を参照


02:駅前高等温泉(24時間営業で宿泊も可)
「別府の近代建築遺産」を参照


03:ガード下のべっぷ駅市場(日曜日のため閉店しているお店も多かったが、
コロッケ屋はOK)


04:秋葉町の滝見温泉跡地(昔は湯舟から山手の滝が見えたところから、
この名前がついた)


05:秋葉神社(左手が拡幅された秋葉通り・ご神木の楠は別府市の保護樹)


06:長寿味噌(いかにも老舗のお味噌やさんの雰囲気のある建物)


07:店内の味噌樽・竹製の椅子がいい雰囲気をつくりだしている。


08:味噌蔵で店主の坂本さんから説明を受ける。


09:もろみの試食。もろきゅうは抜群の味、辛口・甘口があり、
100g200円也。甘口を購入。


10:別府市児童館(レンガタイル貼りの元電話電報局を改修)
国の登録有形文化財。


11:児童館から別府カトリック教会へ


12:威風堂々とした別府カトリック教会(1950年築)


13:教会内部(パイプオルガンの演奏もあり、厳粛な気分にひたる)


14:誰がために鐘はなる!(タイミング良く12時の鐘)


15:紙屋温泉(明治初期からの名湯、飲泉も可)


16:栄屋(昔なつかしい手作りのアイスキャンディー屋、ミルク・コーヒー・
あずき1本100円)


17:中浜地蔵尊(地元の方がお茶の接待をしてくれた。
毎月24日が地蔵尊のお祭り・)


18:楠銀天街をウォーキング
(いつもこんなに人通りが多ければよいのにとの声)


19:平野資料館(昔の別府の貴重な写真やポスターがたくさんそろっている。
よく集めたなぁ!)


20:竹瓦温泉の前で、葛細工実演中のおじさん。


21:晴天下、いつもの竹瓦温泉が輝いて見えた。前庭のツツジが美しい。


22:フゥー疲れたが楽しかった。たけやのだんご汁に舌鼓をうつ
企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和



サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都 | 別府八湯ウォーク<INDEX>

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.