彫刻のある風景-別府市の野外彫刻
油屋熊八の像






「熊八さんがもしこの平成の世に現れたら?」という思いからの発想でした。
「油屋さんが偉かったのは一身一家のためではなく、別府のために、頼まれも
せぬのに身銭を切って−」と、当時の人が評するような人。
誰よりもサービス精神と奇抜なアイデアで生きた人。
「やあ、みなさん!」と、温泉マークのマントに、子鬼を連れて、天国から降
りてきて、まさに着地する熊八の像を。
満面の笑みで、高く両手を挙げたポーズに、この21世紀の人々までホットに包
み込むようなそのスケールの大きさと存在感が表現できればは思いました。
2007.11.18   辻畑隆子(日展会員 彫刻家)


INDEX | Beppu Hattou Town Guide | 彫刻のある風景(TOP)