別府八湯まちなみ彩都/別府の歳時記(イベント・まつり)フォトライブラリー


裏が表の十日間/別府温泉・路地裏文化祭
別府八湯の一つ別府温泉地域は、今も古い街並み・路地裏がたくさんあります。
この路地裏には、昔から市民に親しまれたお店や、懐かしい風景が息づいています。
路地裏文化祭は、そんな路地裏を歩いて楽しむお祭りです。
期間は、平成12年10月20日〜29日の10日間です。


別府市の路地裏の元祖「竹瓦小路」。流川通り「塩月堂」から、小路を歩いていくと、若手竹工芸家の店「竹大工」がある。新鮮な感覚の竹工芸が楽しめる。
サロン「岸」、「タケヤ」を過ぎると、そこは「竹瓦温泉」。

「竹瓦温泉」前では、昔慣らした「流しのぶんちゃん・はっちゃん」の軽やかな演奏を聞く。「竹瓦温泉」2階では、裏芸フェティバルが催された。

「竹瓦温泉」2階の「裏芸フェティバル」「別府温泉からすの行水王選手権」に参加の畠田さん、斉藤さん、川口さん。なんと、2時間で別府温泉の6浴場を制覇。

昔バスガイドだった村上あやめさん(90歳)の、名調子のガイドを堪能。
すばらしいハーモニーの大正琴の演奏、カラオケなど、裏芸とは思えない出し物に観客も拍手喝采。




別府の路地裏には、昔から市民に愛されたおいしいお店がたくさんあります。「路地裏文化祭」にあわせ、期間限定で裏メニューの特別出展や、自慢の逸品出展などグルメには見逃せない企画です。
シンボルフラッグを目印に是非立ち寄ってみて下さい。


「子供達のろじうらたんけん展」
子供達の目で見た別府の路地裏レポートです。一つ一つに子供達の感性が光っています。
会場:ソルパセオ銀座内/中浜地蔵尊


「赤丸くん探訪別府の旅」
別府市内の42本の丸型ポストをすべて撮影した写真展です。
別府八湯MLから誕生した、「赤丸ポスト保存隊」の成果です。
会場:ソルパセオ銀座内・ポケットパーク


「別府の原風景展」別府八湯MLメンバーが、自分の原風景を別府の町に求めて、町を歩きながら撮影した写真展です。インターネットでも同時開催中
「旧別府港写真展」平野資料館館長所有の古くて懐かしい写真を一挙展示しています。会場:亀の井ホテルロビー


これが噂の「砂かけババロア」
竹瓦温泉のすなかけさんをイメージした、ユニークなデザート。
期間限定で、1日50個。¥320ソルパセオ銀座内「夢の樹」
可愛い店員さんが待ってます




「赤丸くんを探せ・ポストラリー」10月28日:午後1時集合/1時30分開始
あいにくの小雨の中、竹瓦温泉前に9名が参加。地図と問題用紙を片手に、エリア内の6つのポストと、3カ所の共同温泉チェックポイントでスタンプを押してもらいます。
優勝者は、大隈美知子さん(29歳・扇山町)。正式所要タイムは、驚異の30分。ホテルのお食事券(5000円分)と記念品の赤丸ポスト貯金箱が贈られました。(行程:約3km)


「路地裏食堂」
10月29日午後6時開始 場所:紙屋温泉前
「すこやかバンド」の弦楽四重奏の演奏を皮切りに、路地裏食堂の開宴。座る席も足りないくらいの大盛況。
七輪と炭火で焼くサンマの煙にむせびながらも、秋の味覚に舌つづみをうつ。
カボスしいたけ、太刀魚、うわさの焼酎「兼八」等豊後の山海の幸に、別府八湯MLメンバーのおじさん達も、大満足のご様子です。

企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ            HOME  |  別府八湯まちなみ彩都 | 別府の催事記(祭・イベント)INDEX

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.