別府を訪れた人が心に残るほど、別府には赤い丸型ポストが数多く設置されています。その数42本(取材当時)。
別府の有志(別府八湯MLメンバー)が「赤丸ポスト保存隊」を結成して、この失なわれつつある赤丸ポストを大切にしたいとの願いから、郷愁を感じさせてくれるその姿をカメラに収めてきました。
正式名称は郵便差出箱1号丸型、通称を丸型ポストまたは丸ポストと呼ばれていますが、ここで呼ぶ「赤丸ポスト」は僕ら保存隊が親しみを込めて命名した愛称です。

取材・撮影・編集:平成12年(2000年)7月〜9月


別府は、戦災に遭わなかったため、旧市街地を中心に昔からの街路や路地が、今もなお当時の面影を留めています。
赤丸ポストが風雪に耐え、街並みに佇む姿は、温泉観光都市別府の湯煙たなびく温泉情緒ともマッチし、街並みのアクセントとして、それぞれに風情を醸し出しています。
そんな街並みを歩いていると、なんとなく赤丸ポストに巡り合えるような気がしてきます。
特に、古くからある共同温泉前の赤丸ポストは実に存在感があります。古い街並みと共に地元の人たちに愛され続けてきたこの赤丸ポスト達を、これからも大切にしたいと思っています。

●それぞれの赤丸ポストの所在地マップは、<赤丸ポスト住所録>(別府八湯MLメンバー・後藤幸彦氏作成)をご覧下さい。
●<赤丸ポスト保存隊>メンバーがそれぞれ撮影しアップロードしてあるHPは、<別府八湯新聞>からリンクしています。
●別府市全体の42本の赤丸ポストの位置図は、以下の[赤丸ポストGUIDE MAP]をご覧下さい。
●42本の赤丸ポストの目次はここからご覧いただけます→[INDEX]


この赤丸ポストは、平成9年度末には全国で約6300本残っていると言われています。しかし製造は中止され今や角型ポストに取って代わられる運命にあります。
さらに、郵政民営化により内務省以来130年以上にわたり政府によって運営されてきた国営の郵政事業は幕を閉じ、2007年10月1日郵政三事業を含む全ての業務が日本郵政株式会社及びその下に発足する4つの事業会社( 郵便局株式会社 、郵便事業株式会社 、株式会社ゆうちょ銀行 、株式会社かんぽ生命保険 )へ移管・分割されました。
このような時代の流れの中で、赤丸ポストがこれからも存続できるのか気掛かりでなりません。そこで別府市で活躍している赤丸ポストの現状を8年ぶりに取材してきました。その結果、一部に移動や破損交代があったものの、42本の赤丸君は健在で、ほっと胸をなで下ろすと共に、これからもずーっと元気で活躍して欲しいと願っています。
更新取材・撮影・編集:平成20年(2008年)3月

(ただし,平成25年4月現在2本が不明です)


別府八湯の郷愁・赤丸ポストのある風景<ページ開封(目次)>ENTER






別府八湯ML/赤丸ポスト保存隊

赤丸ポストINDEX<ENTER>


企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和                     サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved. HOME  |  別府八湯まちなみ彩都<INDEX>