別府八湯まちなみ彩都/別府市の街路・街路樹<花と樹のある風景>フォトライブラリー

日豊線通り・はなみずき
やまなみハイウエイから境川までの日豊線通り(石垣北9号・20号線)約1.8kmに、
約110本のはなみずきの小さな白い花が美しく咲いています。ところどころに赤い花も見られます。
日豊線を走る特急の車体の赤色との対比がこの街路の風景にアクセントを添えています。
(撮影:ITOデザイン事務所/伊藤輝和 平成12年4月26/27日)

英名をDOGWOOD(犬の木?)というが、花水木という素晴らしい名前も付いている。 JR日豊線の新型ワンマン普通列車(中部中学校通り付近
白い花が一般的だが、紅色の小さな花の木もある。白いはなみずきとは、花の形がちょっと違う感じがする。 先方が別府大学駅。手前が別府駅。
振り子列車として有名な「ソニック号」。大分ー博多間を約2時間で走る。 車の通行量は比較的多いが、人通りは少ない。(30分待ってようやく親子連れが一組通る)
赤い列車で有名な「にちりん号」 若葉まぶしい頃に、白い花を咲かせ、秋には葉が紅葉し、晩秋に赤い小さな実をつける。
落葉小高木だが、結構りっぱな樹影にまで育つ。この通りでは一番良く育ったはなみずき。 白い「花の木」と赤い列車のコントラストが美しい。
大正の初めアメリカから渡ってきたのでアメリカ山法師の名もある。 この通りには、紅いはなみずきが数本植わっている。
左手の山が、高崎山。この先が境川で突き当たりとなる この列車の後に、「特急ゆふいんの森号」が通過したのだが、残念ながら撮り損ねた。
この先がやまなみハイウエイ。右折すれば別府国際観光港はすぐそば。 この先を500mほど行くとやまなみハイウエイにでる。



最近の日豊線通りのはなみずき:平成24年(2012年)撮影(画像をクリックしてください)
企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和



サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都 | 別府市の街路・街路樹<INDEX>

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.