ITOデザイン事務所>別府八湯まちなみ彩都>別府の近代建築遺産 お問い合わせ | サイトポリシー



大正昭和・浪漫のかほりー
別府の近代建築遺産
別府には、大正・昭和に建てられた別荘建築・温泉建築など特筆すべき建築が数多くあり、観光温泉文化都市しての文化のかほり漂う街並み景観を形成しています。しかし、これら建築の一部は、開発や老朽化により姿を消す運命にあるものもあります。別府の貴重な歴史遺産を守りたい!そんな気持ちから別府の近代(和風)建築遺産にスポットをあててみました。(*厳密には「近代建築」の定義に該当しないものも含みます)
このサイトの初回アップロードは平成12年で、掲載写真は主に昭和61〜62年と平成12年に撮影したものでしたが、今回リニューアルにあたり新しく撮影したものも追加しました。
以前撮影時には存在していたものも、住民の保存の声もむなしく現在は取り壊され姿を消してしまった建物もあります。またその反面、亀川旧浜田温泉のように住民保存運動が実を結び、復元され国の登録有形文化財となった建物や、新たにその価値が認められ登録有形文化財に加えられた建物もいくつかあります。このサイトではそれらのいくつかを紹介します。なお建物の解説は主に以下のサイトを参考にしましたので、あわせて詳細解説については「別府ふるさとガイド」「別府八湯ML辞書」をご覧ください。
「別府ふるさとガイド」は村松幸彦氏解説、後藤幸彦氏編集
「別府八湯ML辞書」は別府八湯MLメンバー岡本明雄氏(故人)編集

INDEX

中山別荘(旧和田別荘)
大正9年竣工
平成18年12月取り壊し

旧麻生別荘(紅紫迎賓館) 大正3年建築後、昭和2年に火災に遭いその後再建
平成18年取り壊し

浜脇高等温泉
昭和3年浜脇東温泉と西温泉を合併して建設
昭和63年取り壊し


別府市中央公民館
(旧別府市公会堂)
昭和3年3月竣工
別府市有形文化財

野口病院管理棟
大正11年7月竣工
登録有形文化財(平成8年)

木造三階建旅館建築
筑後屋本館他(取り壊し)


京大大学院附属
地球熱学研究施設

大正13年1月竣工
登録有形文化財(平成9年)

別府市児童館
(旧レンガホール)
昭和3年竣工
登録有形文化財(平成10年)

竹瓦温泉
創設明治12年、改築昭和13年
登録有形文化財(平成16年)


浜田温泉資料館
昭和10年に改築
平成15年取り壊し、保存運動の結果平成17年復元
登録有形文化財(平成18年)

駅前高等温泉
大正13年建築

永石温泉
平成3年に改築


木造洋風建築-1
平尾邸(私邸)

大正初期に新築

木造洋風建築-2
田の湯館(民宿)(取り壊し)・他

大正初期に新築

九州電力
健保別府保養所

(旧国武別荘)
旧館(和風)昭和初期、増築(洋館)戦後


聴潮閣高橋記念館
(私邸)
(旧高橋欽哉邸)
昭和4年建築、平成元年1月現在地に移築
登録有形文化財(平成13年)

朝見浄水場
大正6年完成
登録有形文化財(平成9年)

冨士屋Gallery一也百
(旧冨士屋旅館)
明治31年建築
登録有形文化財(平成13年)


ギャラリー桝屋
(糸永家住宅離れ・主屋)
明治4年建築
登録有形文化財(平成19年)

別府タワー
昭和32年建築
登録有形文化財(平成19年)




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.