大正昭和・浪漫のかほりー別府の近代建築遺産/Modern Architecture Inheritance of Beppu


大正昭和・浪漫のかほりー別府の近代建築遺産 NO.04


ストックホルム庁舎がモデルの貴重な近代建築
別府市中央公民館(旧別府市公会堂)

大正13年(1924年)の別府市制施行を記念し、昭和3年(1928年)3月に竣工した別府市公会堂(現別府市中央公民館)は、鉄筋コンクリート造の県下屈指の貴重な近代建築のひとつ。当時逓信省営繕課の設計者で東京中央郵便局(1933年)や大阪中央郵便局(1939年)をその後手掛け、日本の近代建築に大きな影響を与えた吉田鉄郎氏の設計で、スエーデン・ストックホルムの市庁舎をモデルにしたと伝えられている。
下記河村建一氏提供の当時の写真からも分かるように、重厚かつ端正なファサード、内部の壁や照明器具に至るまで、優れたデザイン性が感じ取れる。
昭和42(1967)年の大改修により2階への正面玄関アプローチの石造の階段が撤去され、ファサードが当時とは大きく異なってしまったが、内部にはステンドグラスや照明器具、噴水、トイレなど、当時のままのデザインがまだ残されている部分もある。
今年(平成20年)3月竣工から80年目にもあたり、現在別府市は耐震工事を含め保存・活用を検討していると聞く。市民にとって貴重な財産でもあるこの近代建築が、果たしてこれからも大切に保存活用され続けていくのか、見守っていく必要がある。
(新撮/更新:平成20年2月21日)
平成12年('00)撮影 平成20年('08)撮影
昭和61年('86)撮影
平成20年('08)
撮影

企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和

INDEX(TOP) | 別府八湯まちなみ彩都 | 別府の近代建築遺産(INDEX)


別府市公会堂アーカイブス(写真提供:河村建一氏)

別府市公会堂に関するこれらの写真は河村建一氏提供によるもので、このページからの無断複製・転載は固くお断りいたします。





サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.