大正昭和・浪漫のかほりー別府の近代建築遺産/Modern Architecture Inheritance of Beppu


大正昭和・浪漫のかほりー別府の近代建築遺産 NO.17



浄水処理設備を持つ県下最初の近代的な水道施設
朝見浄水場

朝見浄水場は、浄水処理設備を持つ県下最初の近代的な水道施設として大正6年(1917年)に竣工、別府市制実施後の昭和2年には、別府市域の発展・拡張にともなう水道施設増築の必要性のため、当時75,000人に給水できるように拡張し、現在に至っている。
別府市街地から少し離れた朝見八幡神社の北側山道の登り口近くに、正面に「量水室」と刻まれたギリシャ風の神殿を偲ばせるコンクリート造の小さな建物がある。昭和2年に完成したこの「量水室」は、配水池から市内に給水する水量を測るための設備。朝見浄水場はここからわずか山手にある。めったに訪れることのない浄水場だが、配水池や集合井の付属の建物には、当時の洋風建築へのあこがれか、特に人目に触れるものでもないのに設計者のスタイルへのこだわりが感じ取れる。
集合井室は大正6年に築造、各々のろ過池でろ過された水を集め配水池へ送る施設。現在は使用されていない。
配水池出入口は配水池内部を点検する時の出入口で、大正15年に築造。南口と北口の2つがあり、細部に特徴的な意匠が施されている。これら朝見浄水場の5施設は、小規模ながら近代的な建築物として平成9年に文化庁の登録有形文化財になっている。
(更新:平成20年2月18日)
参考:別府市水道局ホームページ

量水室・平成12年('00)撮影 集合井室 配水池出入口 配水池

企画・取材・撮影・編集(Web Design):ITOデザイン事務所/伊藤輝和

HOME | 別府八湯まちなみ彩都 | 別府の近代建築遺産(INDEX)




サイトポリシー | サイト概要 | 著作権 | 免責事項 | リンク | お問い合わせ HOME  |  別府八湯まちなみ彩都

COPYRIGHT(C) BY ITO DESIGN OFFICE & TERUKAZU ITO,All Rights Reserved.